採集日記

採集日記

種子島採集紀行 雨と波乱の春 5

種子島5日目最終日 4月26日 いよいよ種子島も最終日になりました。 昨日の晴れも一日限りのようで、朝からどんよりしていて、昼過ぎからまた雨になりそうです。 宿のお姉さんに頼んで、宿の前で記念写真を撮って貰い、早めに準備して宿を出ます。 (...
採集日記

種子島採集紀行 雨と波乱の春 4

やっと晴れた種子島4日目 4月25日 やっと晴れた4日目、どこから攻めようかと色々迷いながら、残された時間は、明日の午前中まで。朝食も少し早めて午前7時にしてもらいました。 最終日はほぼフリーにしておく必要があるので、今日の内にライトFIT...
採集日記

種子島採集紀行 雨と波乱の春 3

雨の種子島3日目 4月24日 マングローブ林 昨日は一日土砂降りのような予報が、そう、たいしたことなく、小雨が降ったり止んだりくらいで済みました。今日は朝の内は雨が残るものの、昼から、徐々に回復する予報ですが、あまり当てにせず、動けるときは...
採集日記

種子島採集紀行 雨と波乱の春 2

雨の種子島2日目 4月23日 予報では、前線が種子島の真上を通過し、終日、雷と雨の荒れた1日になるとのことです。 短い採集旅行とあっては、そんなことはかまっていられません。元々、来る1週間前の天気予報で、4泊5日の種子島滞在中、晴れは4/2...
採集日記

種子島採集紀行 雨と波乱の春 1

なぜ種子島? 種子島は九州南端の佐多岬から南東方向に40数キロの海上にあります。大隅半島の最も近い陸地は36km程度です。また、種子島の南端から西方20kmほどに屋久島があります。 (種子島の位置) 種子島の位置 2019年から2022年ま...
採集日記

2021年4月の甑島・速報

本文は2021年4月30日に投稿したのですが、ホームページ改訂で消失していたので、再録しました。 2021年4月15日から21日まで、國分さんと二人で甑島に出かけましたが、今回は思いの外寒く、強風続きで、おまけに脱輪というトラブルにも見舞わ...
採集日記

久留米昆メンバーによる「綾町・照葉樹林探訪」 その5 丸目岳での採集

7月21日から26日までの綾町滞在中に、畑山、國分、今坂の3名は、木野田さんの案内で、綾町から1時間ほどで行ける丸目岳で採集する機会を作っていただいたので、その様子を紹介しておきます。 木野田さんのご教示によると、丸目岳は宮崎市南部、清武町...
採集日記

久留米昆メンバーによる「綾町・照葉樹林探訪」その4

綾ユネスコエコパークの中心部の紹介は終わったので、今回はその他の周辺地域を紹介します。 7月23日に戻します。 前日、灯火採集など、遅くまで頑張ったので、この日はダラダラとユックリ活動を始めました。 まず、コンビニに行って、昼食を買います。...
採集日記

久留米昆メンバーによる「綾町・照葉樹林探訪」その3

綾南川の採集状況を続けます。 次に、綾南川に向かったのは7月25日です。 「綾町のぬし」とも言える笹岡さんは、この土日は、子供達の昆虫教室が入って、案内できなかったそうです。 21日以降、木野田さんがずっと、勤務の傍ら案内して下さいました。...
採集日記

久留米昆メンバーによる「綾町・照葉樹林探訪」その2

さて、話を22日に戻します。 大森岳林道の後は、木野田さんに、午後3時過ぎから、こちらもメインの採集地、綾南川沿いのエリアを案内していただきました。 綾の大吊り橋に近づいてくると、綾南川の左岸の斜面は全面、見事な照葉樹林に覆われています。 ...