虫と人の情報

虫と人の情報

甑島のアオハムシダマシは何もの? その2

前回は、甑島のアオハムシダマシの緑型、赤型、共に、日本産アオハムシダマシ属 Arthromacraに、該当種が無いというところまででした。日本産のうち、特に、♂交尾器の先端が2裂して尖る、アカガネハムシダマシ種群に含まれる種は、今のところ、...
虫と人の情報

甑島のアオハムシダマシは何もの? その1

九州南部、鹿児島県薩摩川内市の沖、約30kmの位置に有る甑島列島の下甑島からは、2種のアオハムシダマシ属(Arthromacra)、アオハムシダマシ Arthromacra viridissima Lewis (分布: 本州,四国,九州,甑...
虫と人の情報

青木淳一先生追悼
青木淳一先生とEメールで語りあった日々 4

2012年4月20日青木先生より「日本産ホソカタムシ類図説」が送られてきて、今坂よりのお礼メール。[ご無沙汰しています。昨日、ご高著ホソカタ図鑑を拝受しました。いつもわざわざ届けていただいて、心よりお礼申し上げます。(日本産ホソカタムシ類図...
虫と人の情報

青木淳一先生追悼
青木淳一先生とEメールで語りあった日々 3

2010年3月9日の今坂メール。[すっかりご無沙汰しています。お元気ですか?昨年出されたホソカタの本、どこでも好評ですね。ホームページで紹介しようとも思っていたのですが、何人もの人が次々紹介されるので、まあ、いいか、と思って、やめてしまいま...
虫と人の情報

青木淳一先生追悼
青木淳一先生とEメールで語りあった日々 2

2009年2月15日の青木先生のメール。「 ホソカタムシの別刷り見てくださたそうで、嬉しく存じます。「図鑑に載っていない…..」という表題は、よかったようです。この原稿を出した直後に新種や新記録種がボツボツ見つかり、ちょっと早まったかなとの...
虫と人の情報

青木淳一先生追悼
青木淳一先生とEメールで語りあった日々 1

2008年9月11日に水野弘造さんからメールが届きました。「青木淳一先生がチビヒメヒラタホソカタムシの標本所持者を探しておられます。もしも心当たりがあれば、先生に連絡を差し上げてください。」水野さんのメールには、青木先生のメールが添えられて...
虫と人の情報

大平仁夫先生を偲んで

城戸克弥さんから、昨年末に亡くなられた大平仁夫先生への追悼文が届いていますので、掲載します。大平仁夫先生を偲んで城戸克弥2022年12月4日、コメツキムシ研究の大家であった大平仁夫先生が亡くなられた。ご高齢な上、数年前からご病気で伏せてあっ...
虫と人の情報

KORASANA 100号が2023年1月23日に発行されました

久留米昆蟲研究會より会誌 KORASANA 100号が2023年1月23日に発行されました。事務局では希望される方にそのKORASANA 100号を3000円で頒布しておりますので、その内容について紹介したいと思います。KORASANA 1...
虫と人の情報

沖縄甲虫図鑑が発行されました

沖縄に在住、または沖縄の昆虫研究に携わってきたメンバーにより作成された沖縄甲虫図鑑が11月9日に発行されました。発行元は、(資)沖縄時事出版〒900-0025 沖縄県那覇市壺川 1-3-10TEL: (098) 854-1622 FAX: ...
虫と人の情報

KORASANA 99号が2022年9月30日に発行されました

KORASANA 99号が2022年9月30日に発行されました久留米昆蟲研究會より会誌 KORASANA 99号が2022年9月30日に発行されました。事務局では希望される方にそのKORASANA 99号を3000円で頒布しておりますので、...